FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FXのテクニカル分析方法

FX投資でのダウ理論とは?トレンドの捉え方と実際に投資に生かす方法。

「ダウ理論」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ダル理論はチャールズ・ダウという金融ジャーナリストが開発した、チャートの値動きについての理論です。

ニューヨークダウの”ダウ”はチャールズ・ダウが発明したことから来ています。この事をみても、ダウが考えた理論ってなんだか凄そうですね。

このダウ理論を理解することは、FX投資を成功に導くために必要不可欠です。ダウ理論を活用した投資方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

ダウ理論をFX投資に役立てよう!

ダウ理論は6種類の原則から成り立っています。それらを簡潔に紹介します。

①平均はすべての事象を織り込む

為替や株価は発表されたすべての情報が含まれた結果、という考え方。(発表されていないインサイダー情報すらも反映しているという説もあります)ファンダメンタル分析よりもテクニカル分析の方が有効であるという、テクニカル分析信奉者の根拠となる考え方ですね。

②トレンドには主要トレンド・2次トレンド・小トレンドの3種類ある。

トレンド、つまり為替の大きな流れというのは、数年単位の長期的な流れである主要トレンド、1年未満の中期トレンド、数週間以内の短期トレンドの3つに分類されるという考え方です。

③長期スパンの主要トレンドには先行期・追随期・利食い期の3種類がある。

主要トレンドには発生から衰退まで、3種類の期間があります。

先行期はまだトレンドが発生して間もない時期。この時期に買い付けるのが逆張りトレーダー。

追随期はトレンドがある程度継続し、その流れに追随する人達かたくさん現れる時期。いわゆるバンドワゴン効果。この時期に買い付けるのが順張りトレーダーです。

利食い期は十分に値上がりし、利益確定売りが出始める時期。トレンド相場からボックス相場に移行し、その後トレンドが反転する流れになる事が多いです。

④平均は相互に確認されなければならない。

チャールズ・ダウがダウ理論を作り上げた1900年頃は、工業と運送が密接に関わっていました。工業が好景気だと、連動して運送業も景気が良くなる。その為、トレンドの流れをよりはっきりと確定させるには、連動する他の指標も同様の動きをしているか確認する必要があります。

今では世界はより複雑化し、それぞれの指標がより密接にかかわっています。リーマンショックの大恐慌で株も債権も為替も大きく値下がりする事態を目の当たりにすると、”分散投資”っていう言葉自体、もう死語になりつつあるのかもしれません。

ですが、そんな今でもこの考え方は使い方次第で有効に機能するでしょう。

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない。

株式投資とテクニカル分析では”出来高”は、とても重要な要素のひとつです。出来高を伴って現れたシグナルは、より信頼性が高いと言われています。

FXの世界では株式市場と違い、リアルタイムで出来高を確認するのは中々難しいです。この理論はFX投資ではあまり重要視しなくていいかと思います。

⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する。

トレンドというのは小幅の上下を繰り返しながら、全体としてはひとつの方向に動くものです。

このトレンドの流れが反転する時、市場は明確なシグナルを発するというのが6番目のダウ理論です。

多分この理論がFX投資にとって最も重要になるでしょう。

トレンドの流れが変わる時、チャートはどの様に動くのでしょうか?

ダウ理論におけるトレンドの捉え方

ダウ理論では為替は上下を繰り返しつつも、直近の高値をブレイクしながら上がると考えます。下がる時も、直近の安値を下回らずに反転するとされています。

このふたつの流れを繰り返しながら、大きなトレンドは形成されていきます。

ダウ理論

そして、ダウ理論では”トレンドが反転するときに明確なシグナルが発生”すると言われています。

そのシグナルとは2つ考えられます。すなわち、直近の高値をブレイクせずに値下がりしてしまうことと、直近の安値をブレイクしてもっと値下がりしてしまう、というふたつです。

このふたつのシグナルが発生した場合、ダウ理論では”トレンドの反転”を意味します。

下降トレンド

実際の取引でダウ理論を生かす場合は、以下のパターンが考えられます。

①直近の高値をブレイクしたら、トレンドが継続すると考え順張りで買い付ける。

②直近の高値で反落したら、トレンドの終わりが近いと考え、逆張りで売りから入る。

③直近の安値で反転したら、トレンドが継続すると考えリバウンド狙いで買い付ける。

④直近の安値でブレイクしたら、トレンドが反転したと考え、売りポジションをとる。

 

この4つのパターンを覚えるだけで、チャートの流れをつかむ感覚が出来上がると思います。

もちろん、これだけでは不十分。

ダウ理論には「平均は相互に確認されなければならない」という項目もあります。

他のテクニカル分析と併用しながら、自分だけの相場観を構築していくのが大事です。

このダウ理論の4つのパターンは、最も基礎的なチャート理論のひとつなので丸暗記してしまいましょう!

 

ダウ理論の6つの原則、100年も昔に考えられているとはいえ、とても重要な示唆を与えてくれますね。ぜひとも自身のFX投資に役立ててみてください。

-FXのテクニカル分析方法

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.