FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FXの基礎知識

FX初心者のための「両建てに意味はあるのか?」の答え

FXトレードには「両建て」という取引方法があります。

両建てと言いう言葉通り、「買い建て」と「売り建て」を同時に行うトレード。

つまり、買い建ての方で1万円利益が出ていたとしたら、必ず売り立ての方で1万円損失が出ているということ。

完璧にプラスマイナス・ゼロ。

はたして両建て取引に意味はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

FXにおける両建て取引の意味とは?

FX取引で両建ては意味がありません。

上級者は両建て取引をうまく活用する!!なんて話もありますが…

上級者だろうと、初心者だろうと、両建て取引に意味はありません。

 

両建て取引は意味がないので、FX会社によっては、そもそもシステム上、両建て取引が出来なかったり、注文の前に「両建て取引だけど大丈夫?」と確認画面が表示されたりすることもあります。

両建ての有効な使い方

例えば買いのポジションを持っていたとして、重要な指標が発表される前に、大きな変動で利益や損失をヘッジするために両建て取引をすることがあります。

意味がありません。

ただ、重要指標が発表される前に買いポジションを清算すればいいだけ。ただ、売買コストがかかってしまい損です。

 

例えば買いと売りのふたつのポジションをもって、利益が出た方は利益確定をして、もう一つのポジションの方は清算せずに長期保有する、というトレード方法があります。

意味がありません。

利益が出た方の利益分、もう片方のポジションは損失が出ているからです。

 

上下を繰り返しながら上昇トレンドを形成している場合、買いポジションを保有しながら、下がるタイミングで売りポジションを保有し、細かい利益を上げていくトレード手法があります。売りポジションを保有している間は、両建て状態になります。

意味がありません。

もし一時的に下がると思ったのなら、その都度買い建ての方を清算して売りポジションを持てばいいだけです。その方が利益が上がります。

 

もう一度言いますが、両建てには意味がありません。

スプレッド分の取引コストを、FX会社に多く支払うだけです。

両建て取引の唯一のメリット

両建て取引には意味がありません。

ですが、あえて一つだけメリットを上げるなら、「清算をせずに資産価値を一定にできる」ということでしょうか。

ポジションを保有して利益が出ていても、損失が出ていても、反対売買をしない限り、損益は確定しません。逆に言えば、精算をすると利益・損失が確定してしまうのです。両建て取引は、それを”先延ばし”にできます。

例えば大きく利益を上げている買いポジションがあった場合、それを清算すると年内にかなり税金がかかってしまう。そんな時に、両建て取引をすれば、どれだけ為替相場が変動しても、その利益は守られます。

(スプレッドが余計にかかったり、ストップロスのリスクはありますが…)

このように両建ては税法上の利益と損失のコントロールに役に立ちますが、トレードで利益を上げる上では何の役にも立ちません。

 

損失を確定させたくないから両建て取引する、なんて愚の骨頂です。

潔く損切りしたり、反対に動くと思ったら素直に今持っているポジションを精算して、反対売買した方が絶対に良いです。

両建てなんて…性格がひねくれてますよ!!(偏見)

-FXの基礎知識

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.