FXの基礎知識

バックテストと認知バイアス。より正確な検証を行うために覚えておきたい心理作用。

「あの人が来るといつも雨が降るなぁ」

「ああ、彼は雨男だからさ」

その人が出かけると必ず雨がふるという「雨男」や「雨女」なんて言葉があります。これはもちろん迷信で、科学的な根拠なんてありません。

「それはわかるけど、やっぱりホントに雨男がるんですよ!」

そんな風に思ってしまう心理には認知バイアスがかかっているのかもしれません。

 

人間の心理に潜む錯覚や思い込みのシステムをわかっていないと、投資判断にも影響を及ぼします。

特にシステムトレードのバックテストにおいて、思い込みは厳禁。正確なバックテストを行うためにも、認知バイアスの作用を知っておきましょう。

スポンサーリンク

システムトレードと認知バイアス

システムトレードは自分自身の判断を排除して、ある一定のルールを定め取引する投資方法です。システムトレードを行えば損切りの恐怖による損失の拡大など、感情のブレによる投資判断のミスを防ぐことが出来ます。

例えばシストムトレードでのあるルールを思いついたとして、それが有効であるかどうかバックテストを行い検証します。

認知バイアスはこのバックテストの正確性を邪魔する可能性があります。

 

例えばある人物が雨男かどうかを検証する場合、「彼が来た時に雨が降った割合」と「彼が来なかったときに雨降った割合」を比較検討しなければなりません。しかし人間は「彼が来た時に雨が降った事実」だけを重要視し、それ以外の可能性を考える事をしません。

例えば「幸運が舞い込むペンダント」を身に着けて本当に幸運に巡り合った人は、それは確実にいるでしょう。ですが「幸運が舞い込むペンダント」が有効かどうかを判断するには、幸運が舞い込むペンダントを身に着けて幸運が舞い込まなかった人も検証しなければなりません。

ですが、人はとかく幸運が舞い込んだ人に注目しがち。この認知バイアスの作用が、正確な判断を狂わせます。

 

認知バイアスは自分の正しいと思っている事に対して都合のいい結果だけを重要視し、都合の悪いものは意識的、或いは無意識的に無視してしまうという心理作用があります。

あるルールでバックテストを行った場合に、良い結果だけを集めて、悪い結果は「この期間はたまたま○○という事件が起きていたので例外だ」なんて感じで無視していたとしたら、まさに認知バイアスの罠にかかっているということ。正確な結果は得られないでしょう。

バックテストで気を付けたいこと

システムトレードのバックテストでは、認知バイアスの影響を排除せいて、なるべく客観的に判断する必要があります。その為に参考になるであろう、ちょっとしたポイントを紹介します。

①できるだけ長期間を調べる

例えばあるオススメの投資ルールがあったとして、それが実際に今年の成績が抜群に良かったとします。

だけれど、そのルールに則ってバックテストすると、過去にはとんでもない損失になっていた、そんな場合が多々あります。

そのルールが有効かどうかは、なるべく長い期間、多くの通貨で検証するべきでしょう。

②自分にとって不都合な結果を無視しない

自分が頑張って考えた作戦がバックテストでイマイチな結果だった場合、その結果を過小評価してしまう心理が働きます。「この時はリーマンショックだったから…」「急な利上げの発表後だったから…」そういった言い訳を積み重なて、バックテストの結果を無視したとしたら、正確な検証を行う事は出来ないでしょう。

システムトレードのルールはテクニカル分析に基づいています。確かに過去に類をみないような大事件が発生した場合は、システムトレードは有効に機能しないかもしれませんが、ファンダメンタルズ的な要素はなるべく排除した方が良いでしょう。

③為替の変動と比較する

例えばある期間のバックテストの結果で、資産が10%増えたとします。このシステムトレードのルールは有効なのでしょうか?

それを検証するには「雨男」の検証と同様に「そのルールを使わなかった場合はどうだったのか?」という可能性を検証しなければなりません。

もしその期間に何の取引もせずにただ米ドルを持っていたとして、結果的に円安ドル高が進み資産が20%アップしていたとしたらどうでしょう。

ただ持っていただけで20%資産が増えたとしたなら、システムトレードの結果資産が10%増えたとしても、それは投資の有効性を見ればマイナスという事になります。

 

まとめ

システムトレードのバックテストもそうですが、普段のFXや株式投資においても、認知バイアスは悪影響を及ぼします。

悪いニュースが出ていて、じりじりと損失が膨らんでいるので、損切りできなかったなんて経験は誰もが持っているのではないでしょうか。

自分の判断に認知バイアスがかかるのは、致し方ありません。しかし認知バイアスの作用を知ることで、心の弱点を克服するきっかけになるかもしれません。

こと投資となると自分の資産がかかっているわけで…いつでも冷静に判断するのは難しいものですが(-_-;)

スポンサーリンク



-FXの基礎知識

© 2020 FXシステムトレードライフ Powered by AFFINGER5