FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FXの基礎知識

FXの取引通貨単位やLot(売買単位)とは?

為替預金や外貨MMFは1ドル単為で取引できますが、FXでは基本的にある程度まとまった金額を動かします。

その取引最低単位はFX会社によって変わってきます。

FXを取引できる最小の単位の事を「取引通貨単為」や「Lot(売買単位)」と呼びます。

スポンサーリンク

Lotの意味とは?

取引通貨単位は基本的には1万通貨のところが多いです。株式で言うところの単元株数の様なものですね。

1万通貨というと、1ドル=120円としたら概算で120万円分です。Lot(売買単位)が1万通貨のFX会社を利用している場合は、最低でも120万円分の資金を売買するということになります。

1Lot=1万通貨

1Lotで1万ドルの取引、2Lotで2万ドルの取引、とLot単為で取引を行います。

といっても、FXにはレバレッジがかかっているので、この120万円分の米ドルを運用するのには5万円ほどの資産があれば十分です。まあ、その分ハイリスク・ハイリターンですが…。

 

最近は各FX会社がいろんなサービスを提供しているので、このLot(売買単位)も様々になっています。

1万通貨ではなく、取引通貨単位が1000通貨単位のFX会社もあります。これだったら、米ドルで約12万円分なので、初心者でもすこし安心して取引できるかもしれません。必要な証拠金も、わずか5,000円ほどになります。

中には1単位から取引できるようなFX会社もあります。1単位ってことは、つまり1ドルのこと。そしてこの1ドルを運用するには、口座に5円くらいはいっていればOK!

なんだか規模が小さくなり過ぎな気がしますが、FXは自分の裁量でそのリスクを自由にコントロールできるって事ですね。自分の投資目的や投資に使える資産額などを考慮し、自分の取引通貨単位を決めていけばいいともいます。

 

珍しく1単為から超少額で取引できるFX会社ははSBI FXトレード証券です。取引コストも安いので、初心者や資金が少ない方には特におすすめのFX会社です。

SBI FXトレード株式会社の詳細は事ら

-FXの基礎知識

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.