FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FXのテクニカル分析方法

RSIの見方や特徴と、FX投資での有効な利用法。

RSIは直近の値上がりと値下がりの値を平均化してはじき出される、とてもシンプルな指標です。RSIは現在の値段が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを判断する材料となります。

このRSIの有効な使い方や、FX投資に利用する方法を紹介します。

スポンサーリンク

RSIの見方

RSIはオシレーター系のテクニカル分析法です。0%~100%の間で推移し、100%に近ければ近いほど相場が強い事を指し、0%に近ければ近いほど相場が弱いこと指します。

一般的にはRSIが70%以上の時が買われ過ぎ言われていて、相場の反転が近かったり急落する可能性が高くなっていると見ます。

逆にRSIが30%以下の時は売られ過ぎということ。相場が上昇トレンドに反転したり、いきなり急騰したりするかもしれません。

RSIの特徴

①急騰や急落など、相場が大きく動いているときは、RSIの動きが鈍くなりボックス相場を形成する。その為、いつトレンドが反転するかのサインをRSIから予測することが難しくなる。

②実勢レートがボックス相場の時の逆張りで最も効果を発揮する。

RSIだけではダマシが多いので、他の指標と併用することで相乗効果を発揮する。

RSIの有効な利用法

まず期間の長めのチャートを確認し、現在の相場がトレンド相場かボックス相場かを判断します。

トレンド相場とボックス相場の特徴

もしトレンド相場なら、RSIを投資判断の参考にするのを止めます。

ボックス相場であればRSIを投資判断のひとつに加えます。

もしポジションを取る時に順張りであればRSIは使用しません。反転を狙う逆張りの時だけ、RSIを使用します。

その判断の目安は、RSIが70%以上、または30%以下。この水準になった場合は、相場反転の兆しかもしれないので注意しましょう。

 

①ボックス相場である。

②逆張りである。

③RSIが70%以上、または30%以下である。

これら3つの条件がそろう時にRSIの有効性が最も発揮されるのではないでしょうか。

しかしRSIは補助的に利用して、他のテクニカル分析を主要な判断基準に据えることが大事だと思います。

 

RSIはボックス相場の逆張りで使う!!

売り買いのシグナルがシンプルなので、他のテクニカル分析との併用も簡単だと思いますよ。

-FXのテクニカル分析方法

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.