FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

市場雑感

イギリスがEUを離脱したらポンド・円・ドル・ユーロの為替の動きはどうなるのか、理由とともに解説

いまイギリスが大きく揺れています。

来る6月23日木曜日に欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票が行われる予定となっているからです。

なぜわざわざイギリスがEUから離脱しなきゃならないのかは置いておいて、もしホントに離脱したらポンド・円・ドル・ユーロの4通貨にどのような影響がでるのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

イギリスがEUを離脱したらどうなる?

イギリスが欧州連合(EU)を離脱した場合、イギリス経済が混乱することが予想されます。また、大げさに言えばイギリス経済の失速をきっかけにして全世界で経済危機が再燃する可能性だってあります。

具体的には、EU間での貿易は基本的に非課税だったのが、離脱後はガッツリ関税がかかります。これは輸出入業界にとって悪影響でしょう。また、イギリスが離脱すればギリギリの綱渡りでやってきたEUというシステム自体が「失敗」の烙印を押されてしまう可能性もあります。英国離脱という”前例”ができれば、それをきっかけに少しずつEU崩壊が始まるかもしれないのです。

その点でも、今後のヨーロッパ全土に悪影響が及ぶでしょう。

各国の為替の動き

イギリスの離脱が正式決定すれば、イギリス・ポンドは暴落する可能性があります。(この暴落を絶好の買い場と捉えることもできるでしょうが、正直あまり手を出さないほうがいいと思います)

また同様にEU全体の混乱も予想され、ユーロも暴落するでしょう。

ユーロやポンドが売られる代わりに、買われるのはドルや円です。

しかも世界的に経済への悪影響が懸念されるため、ドルよりも円のほうが買われると思います。

最悪の場合、ポンドやユーロやドルが売られ、その資金がすべて逃避通貨としての円に流れ込む可能性だってあるのです。

 

ではそれぞれの為替でイギリスのEU離脱が決定した場合、どう動くかを具体的に予想してみましょう。

  • ドル/円→円高・ドル安
  • ポンド/円→円高・ポンド安
  • ポンド/米ドル→米ドル高・ポンド安
  • ユーロ/ポンド→ユーロ高・ポンド安
  • ポンド/豪ドル→豪ドル高・ポンド安
  • ユーロ/円→円高・ユーロ安
  • ユーロ/米ドル→米ドル高・ユーロ安
  • ユーロ/豪ドル→豪ドル高・ユーロ安

もちろん、これはあくまでも予想なので、実際にはまったく逆の動きをする可能性もありますが。

また、6月23日の欧州連合からの離脱の是非を問う国民投票の直前には、「リスキーなポンドはなるべく持っていたくないよ~」という思惑からポンドが売られる動きも出てくる可能性があります。

 

個人的にはイギリスはEUに残留する可能性がかなり高いと思いますし、残留するべきとも思っています。

しかしEU残留が決定したからと言って、過度にポンドが買われることもない気がします。たぶん、国民投票直前まで売られたポンドが元に戻る程度の動きではないでしょうか。

 

ともあれ、通常運転でも動きが荒くてハイリスクなポンドですから、この時期はあまり手を出さないほうがいいかもしれませんね。

関連記事:イギリスのEU離脱で日銀は為替介入する?麻生副総理緊急会見の発言内容を紹介

-市場雑感

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.