FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FX攻略法

平均足をつかってトレンドをつかむ!会社員で利益を出し続けるFXトレーダーの必勝法とは?

Suhrさん(仮名)はFX取引が主力の会社員だ。仕事の前後や休憩時間を利用した「合間」トレードだが、元手300万~400万円に対し、2011~14年が年150万円、レバレッジを少し上げた15年は250万円の収益を上げた。

その秘訣は「平均足」のチャートを使ったトレンド読みにある。

参照元:日経マネー7月号

日経マネー7月号に平均足を使って利益を上げ続ける投資家の記事が載っていました。

2011年~2015年まで継続して資産の1.5倍以上の利益を出し続けるなんて、驚異的としか言いようがないですね。

はたしてどのような投資法なのでしょうか?

スポンサーリンク

平均足をつかってトレンドをつかむ

記事で紹介されていたSuhrさんは平均足を、トレンドをつかむための参考にしています。

平均足はローソク足ととても似ていますが、その算出方法が違います。

  • 始値→1本前の始値・終値の平均
  • 終値→期間中の始値・高値・安値・終値
  • 高値→ローソク足と同じく、その時の高値
  • 安値→ローソク足と同じく、その時の安値

平均足は以上の4つの数値をもって形作られます。ローソク足とは始値と終値が違っていますね。

 

平均値をとるのでちょっと難しそうですが、チャートの見方はとてもシンプル。ローソク足よりも簡単です。

  • 陽線が出続けていれば上昇トレンドで、そこに陰線が表れれば反転のサイン。
  • 陰線が出続けていれば下降トレンドで、そこに陽線が表れれば反転のサイン。

覚えておくのはほとんどこれだけでOK!!平均足はトレンドの把握がとても簡単なのです。

 

また平均足のヒゲにはローソク足とは正反対の意味があります。通常のローソク足で長い下ヒゲが発生した場合は、反転や上昇トレンドのサインですが、平均足の長い下足は強い下降トレンドのサインとなります。

平均足でトレンドをとらえる場合の、簡単な見方をまとめてみます。

  • 上昇トレンド→上ヒゲのみの陽線が続く
  • 下降トレンド→下ヒゲのみの陰線が続く
  • トレンドの転換→それまでとは逆の線がでる。上下にヒゲが出る「はらみ線」が出現する。

Suhrさんは1時間、4時間、1日単位の3種類の平均足を見てトレンドを確認しているそうです。

陽線が続けば上昇トレンド、陰線が続けば下降トレンドということですね。それも1日、4時間、1時間足の3つが同時に同じトレンドのサインを出せば、より力強いトレンドということになります。

チャート形状に沿ったトレードが勝利の秘訣!

FXは様々なトレード手法や相場の読み方が紹介されているが、Suhrさんは「チャートは嘘をつかない」としてチャート形状に沿ったトレードに的を絞る。戦略がはっきりしていることも勝ち続ける理由だろう。

今回の記事ではSuhrさんの詳細な投資法は紹介されていませんでした。ただわかっているのは平均足を参考にしてトレンドを把握していること。

さらにSuhrさんが勝ち続けているのは「スワップ狙い」と「値幅取り」をうまく使い分けて収益を最大化しているからとありました。

スワップ狙いで取引する場合もあるってのが、結構珍しい投資手法といえるでしょう。

 

ここからは、まったくの予想ですが…

確認している平均足が1時間、4時間、1日足とかなり長めです。つまり一度ポジションをとったら、その平均保有期間は最低でも1日以上になるのではないでしょうか。

場合によっては、1週間~1か月程度保有する場合もあるでしょう。スイングトレード~短期・中期投資ですね。

平均足でかなり長めのトレンドをとらえつつ、状況によっては損切りしたり利益確定をしているのでしょう。

長期保有でスワップも狙っているわけですね。Suhrさん会社員で休憩時間や仕事終わりに取引を行っているます。頻繁に取引ができないからこそ、このような取引スタイルになっているのでしょう。

Suhrさんと同じく会社員だったりして1日中チャートを見ながら取引でないないのなら、平均足を参考にした短期・中期保有のFXもオススメかもしれません。

毎日毎日、何十回と取引するデイトレーダーよりも、意外といい成績が残せるかもしれませんね。

スポンサーリンク



-FX攻略法

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.