FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FXの基礎知識

チャートでのBidとAskの違いとは?その使い分けの注意点。

FXのチャートは「Bid」と「Ask」を選択して表示させることができます。

あまり気にしない方も多いと思いますが、FXの基礎的な知識なので、もし知らないのなら是非とも知っておくべきでしょう。

今回はAskとBidのそれぞれに意味と、その使い分け方について説明します。

スポンサーリンク

AskとBidの違いとは?

FXでは売りと買いのふたつの為替が同時に存在しています。

スプレッドが0.3銭だった場合に、もし買いの為替が100円だった場合は、売りの為替は99.997円になります。

株価の場合、「○○株式会社の株価の現在地は1,000円です」となったら、もう株価は1,000円で確定。(正確には売りの板と買いの板がありますが)

 

ですが為替の価格は正確に○○円と表現できず、「買いの100円」と「売りの99.997円」が同時に存在しています。

経済ニュースなんかでは「1ドル、99.997円~100円の間で取引されています」なんて表現もしますね。

 

AskとBidの話に戻りますが、「Ask=買い」となり「Bid=売り」となります。

なので、もしチャート表示画面で「Ask」を選んだ場合は、買い為替の数値を基にしたチャートが表示されます。

「Bid」は売為替を基にしたチャートが表示されることになります。

 

AskとBidのチャートの違いとは、買い為替と売り為替の価格の違いなのです。

注意ポイント

Askを選択すると→買いの為替をもとにたチャートが表示される

Bidを選択すると→売りの為替をもとにしたチャートが表示される

オススメ記事:デイトレーダーが愛用するピボットポイントの有効な使い方

AskとBidの使い分け方

Ask=買い

Bid=売り

なので、買いのエントリータイミングの判断する場合はAskのチャートを表示させる。

売りのエントリータイミングを判断する場合はBidのチャートを表示させる。

というのが本当のところですが、実際はそんなに気にしなくていいと思います。

 

最近ではFX会社のスプレットが小さくなってきていて、0.3銭なんて極狭のスプレットを採用しているところもたくさんあります。

これくらいスプレットが狭いなら、表示されるチャートの差異もわずか。

日に何度も取引をするデイトレーダーは、いちいち表示を切り替えていたらきりがないでしょう。

日足の表示させている中長期のトレーダーであれば、AskやBidの差異など微々たるものです。

まったく同じ時間帯のドル円1時間足チャートです。

上がBidで下がAsk。

まったく変わらないですね。

 

ただし…スプレットが広い通貨の場合はAskとBidの差も広がるので要注意!

 

特に注意が必要なのはチャートを見て指値を決めるときや、チャートにラインをひくとき。

たとえば「損切の価格を直近1週間の底値に設定しよう!」なんてAsk(買い)のチャートを見て決めたら、その底値の価格がズレてしまう可能性があります。

チャートにラインを引いて抵抗線などを見極めようとするときも、今が買いのチャートを表示させているのか、売りのチャートを表示させているのかを意識しないと、いいラインはひけません。

 

というわけで、BidやAskは基本的にはあまり気にしなくてもいいですが、ちょっとだけ注意点があるんですね。

トレード技術を上達させる方法と取引ルールを作成するための5つのステップ

スポンサーリンク



-FXの基礎知識

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.