投資の基礎知識

トラブル多発!バイナリーオプションが危険すぎる仕組み

バイナリーオプションは金融商品のひとつで、相場が上がるか、それとも下がるか、2択を予想するだけのシンプルなもの。

当たれば資金が増え、負ければ掛け金が没収。

ある意味では半丁博打ともいえるような、投資とは言えないただのギャンブルです。

 

バイナリーオプションはシンプルでハイリスクハイリターン、しかも違法ではないギャンブル。

そのため近年人気を集めています。

 

…が、「絶対儲かる!」というネット上の広告から悪徳業者で口座開設し、投資資金を根こそぎ失うなんてトラブルも急増しています。

実際、国民生活センターにもバイナリーオプションに関する相談が寄せられています。

「確実に儲ける方法を教える」と勧められて10万円を入金したが出金できない

SNSを通じて「バイナリーオプションで確実に儲ける方法を教える」という人と友達になり、「どのくらい儲けたいのか」「クレジットカードは持っているか」などといったやり取りをしたあと、相手から勧められたバイナリーオプションのサイトに登録した。すると相手から、「2万円から取引を開始できるが、10万円から始める人が多い。10万円入金するとボーナスが10万円つく」と説明され、10万円をクレジットカードで決済した。

その後、相手からの指示でSNSのグループに参加したが、どう対応してよいのか全くわからず、取引の操作方法等を確認しても返答がない。操作もできないのであれば出金してしまおうと思いサイトの規約を確認すると、「ボーナスも含めた入金額の3倍以上の取引がないと出金できない」と記載されていた。不信に感じてサイトのことを調べたところ、運営者は海外の無登録業者であることがわかった。解約し返金してほしい。

(20歳代 女性)

参照元:無登録業者とのバイナリーオプション取引は行わないで!

「簡単にお金が儲かる!」

なんて話は、今も昔も大半が詐欺まがいのこと。

バイナリーオプションも例外ではないようです。

スポンサーリンク

バイナリーオプションを安全に取引するための方法

まず最初に結論を言うと、バイナリーオプションを金銭的に安全に取引するのは不可能です。

コインの表が出たら掛け金が2倍、裏が出たら掛け金没収。

そんなギャンブルを続けていたら、いずれはお金が無くなってしまうことは明白です。

 

やらないことに越したことはありませんが、どうしてもやってみたい場合は金融庁に登録してある国内の業者を利用しましょう。

儲かることが前面にでているような胡散臭い広告を掲げている業者も避けるのが無難です。

 

それらにも増して一番大切なのは「バイナリーオプションに関する知識を身に着けること」です。

 

先ほど紹介した事例の女性はバイナリーオプションの知識がまったくないにもかかわらず、「儲かるから」という理由で安易に始めてしまいました。

バイナリーオプションを始めたいのなら、しっかりと事前に準備し、勉強してからにした方が良さそうです。

 

そして万が一詐欺まがいのバイナリーオプション業者に被害を受けたのなら、すぐに消費者センターに連絡して相談しましょう。

バイナリーオプションのポイント

  • 派手な広告の業者を避ける
  • バイナリーオプションに勧誘されたらかなり危険
  • 無登録・海外の業者を使わない
  • 始める前にしっかりと勉強する
  • なにかトラブルにあったら消費者センターにすぐ相談!

バイナリーオプションをやるなら国内業者で

海外の業者は説明事項がすべて英語なので日本人がやるにはあまりにリスキー。

基本的にバイナリーオプションはオススメできませんが、どうしてもやりないのなら国内業者を利用しましょう。

たとえば「みんなのFX」に口座を作れば、FX取引はもちろん、自動的にバイナリーオプションを行うこともできます。

こちらであれば「出金指示したのに引き出せないっ!!」なんてことにはならないでしょう。

みんなのFX

スポンサーリンク



-投資の基礎知識

© 2020 FXシステムトレードライフ Powered by AFFINGER5