FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FX投資心理学

FXで勝ち続けるために必要な「本当の負け」とは何か?

ネットの高額な情報商材で「FXの必勝法」を手に入れたのに、実際に取引してみると上手くいかない…。

その理由はあやしげな「FXの必勝法」の勝率が悪いからではありません。

負け続ける理由は”負け”や”損失”をどのように認識するかにかかっているといっていいでしょう。

 

FXトレードで勝ち続けるために必要なのは、「エントリーの明確なルール」です。

でもルールというのは実はそれほど重要ではなくて、本当に大切なのは取引の結果をどのように認識するかということ。

そのために必要な「本当の負け」とは何かを説明します。

スポンサーリンク

FX取引における本当の負けとは??

FX取引における「負け」を「損失を出すこと」だと認識している人が多いのではないでしょうか?

確かにFX取引の最大の目的は為替差益を上げることなので、この考え方は正しいように見えます。

ですが、この考え方を続けていると、長期的に見て損失が増える可能性があります。

では、FX取引における正しい負けの捉え方とは?

 

これは本当に大切な考え方であり、それでいて実践するのは意外と難しいかもしれません。

FX取引における本当の負けとは、自分自身のルールを破ることです。

 

市場というのは常に投資家を裏切るような動きを見せます。

ある瞬間に上がると思ってエントリーしても、次の瞬間には下がります。

その次の日に、まったく同じチャートが現れたので、今度は下がるだろ!と思ってエントリーしても、次の瞬間には逆に上がっていきます。

改めて言うまでもありませんが、市場というのは、一瞬先は闇なのです。

正直な話、1秒先すら明確に見えません。

 

そんな暗闇の中を進むための頼りない光、それが「自分自身のルール(取引手法)」です。

FX取引をしていると、自分なりの必勝法を考えたり、自分自身のルールを考えると思いますが、そのルールを自分で破ってしまうことも多々あります。

その理由は、自分で考えたルールで損失が発生しているからです。

損失が出ていると怖くなってすぐに手放してしまいます。そうしたら、その直後に急騰して利益が上がった、そんな経験を持っている人も多いかもしれません。

また、利益が出たら出たで、下がるかもしれないと怖くなってすぐに利益確定してしまいます。ルールに沿った利益確定が出来ず、結局は手に入れることができた利益をみすみす逃してしまいます。

 

なぜそんなことをしてしまうかというと、損失が怖いからです。

FXの失敗が損失だと思っているからです。

 

でも、本当の失敗は「自分自身のルールを破ること」であり、FXにおける本当の成功とは「自分自身のルールを守ること」でもあります。

それが実は利益を上げることよりも大事なのです。

長期的に見て少しでも勝ちが多ければよい

取引のルールというのは絶対ではありません。

負けることもあれば、勝つこともあります。

でもそんな風に不確かなのが為替市場です。

そこで戦うにはルールが必要。

でも、絶対に勝てる取引手法なんて存在しませんし、必要もありません。

必要なのは100回取引したら、51回以上勝てるようなルールです。

長期的に見て、損失の回数よりも利益の回数が少しでも多ければ、利益は上げ続けられます。

そしてそのためには、気分で取引するのではなく、明確なルールを守って取引するのが大事なのです。

 

FX取引における”損失”は失敗ではない。本当の失敗とは”取引ルールを破ること”である。

短期的な取引であれば、このような考え方は必要ありません。ですが、FX取引を何年も続けていきたいのだとしたら、この考え方は必須といえるでしょう。

確かに勝率の高い取引手法を確立するのも大切ですが、それよりももっと大切なことです。

一つひとつの取引に一喜一憂するのではなく、長期的にみることがトータル的な利益にとっては必要不可欠なんですね。

-FX投資心理学

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.