FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FX口座開設について

スマホアプリ「DMMFX Trade」のチャート表示機能の使い方を徹底解説!

DMMFXが提供する「DMMFX Trade」のスマホアプリを使えば、外出先でも為替チャートが確認でき、その画面でそのまま取引を行うことができます。

今回はスマホアプリ「DMMFX Trade」のチャートとテクニカル指標の表示機能について説明します。

スポンサーリンク

DMMFX Tradeは4分割でチャートを表示できる

DMMFX Tradeでは1つの画面に4分割で、別々の通貨ペアを表示することができます。

画面の小さなスマホを使っていると、1画面が小さく細かな動きはわかりずらいですが、複数の通貨の動きを全体として把握するのに便利です。

気になった通貨ペアのチャートがあれば、画面をタッチすることで1画面表示に簡単に切り替わります。

4chart

もちろん、指定したテクニカル指標を同時表示できますし、4画面それぞれで自由に通貨ペアを選ぶことができます。

チャートに表示できるテクニカル指標

1画面に表示させると、チャートが拡大できるので細かな動きまでよく確認できます。

1chartローソク足チャートが大きく表示されてわかりやすい!

テクニカル指標は実勢レートのチャート部分に重ねて表示させることができます。

表示させることができるテクニカル指標は3つあり、その中から一つ選んで表示できます。ふたつ同時に表示することはできません。

  • 移動平均線(短・中・長と3本表示)
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

このうちからひとつだけ選択可能です。

 

さらにサブチャートとして、下画面にもテクニカル指標を表示できます。

  • RSI
  • MACD
  • スローストキャスティクス
  • ヒストリカル・ボラティリティ

サブチャートにはこれらから一つ選択して表示させることができます。上記の画像ではRSIを選択しています。

テクニカル指標の詳細な設定方法

画面に表示されるテクニカル指標は、その設定数値も変更可能です。もちろん、サブチャートも同様です。

たとえば移動平均線でどのような数値を使うかは、人それぞれかなり変わってくるので、変更できないとかなり困りますね。

ですが、その設定方法がちょっとわかりずらい。

テクニカル指標の詳細設定画面を表示させるには、チャート表示画面を横にする必要があります。

そうすると、画面右下に「設定」ボタンが現れるのです。

1chart2赤丸の部分ですね

ここをクリックすると、次の画面で数値を自由に変更できます。

1chart3

これで、自分なりのテクニカル指標が表示できますね。

画面はボリンジャーバンドの詳細設定画面ですが、もちろん「移動平均線」「一目均衡表」はもちろん、サブチャートの設定も可能です。

表示期間

チャートは基本的にローソク足で表示されます。

その表示期間は下記になります。

  • Tick
  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 8時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

表示させることができる期間も、これだけあれば十分!という感じですね。

スマホアプリ「DMMFX Trade」を使い始める方法

スマホアプリ「DMMFX Trade」を使うには、DMMFXに口座開設する必要があります。

DMMFXに口座開設したら、スマホアプリの「DMMFX Trade」をダウンロードします。その後、IDとログインパスワードを入力すればOK!!

もちろん使用料は無料です。

DMMFXに口座開設した後にいっさい入金や取引をせず、このアプリだけ使うことだってできます。

このチャート表示機能を使ってみたい!という方は、とりあえずDMMFXに口座を作ってみましょう。口座開設もアプリ使用料も無料です。

 

DMMFXの口座開設やサービスの詳細については公式サイトで確認ください→DMM FX

-FX口座開設について

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.