FXや投資、副業などで毎月10万円の収入を得るための方法を研究し実践するブログです。

FXシステムトレードライフ

FXの確定申告と税金

FXで利益が出た人、損失が出た人、確定申告することのメリット・デメリット

FX取引で年間を通して利益だった場合、その利益分に20.315%の税金がかかります。

損失だった場合はもちろん、税金はかかりません。

ですが、利益だったとしても確定申告する必要がない場合もあれば、損失でも確定申告したほうがいい場合もあります。

FXにおける確定申告の有無をわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

FXで損失がでてるけど、確定申告する必要がある人は?

FXでは1月1日のマーケットオープンから12月31日のマーケットクローズまでに確定した損益が課税対象となります。

ではまず、年間を通して損失が出た場合の確定申告の取扱いについて説明します。

 

結論から申し上げると、確定申告する必要はありません。

面倒ならな~んにもしなくて大丈夫です。

ただし、確定申告するメリットはあります。確定申告をすることで損失を最大3年間繰り越すことができるのです。

ちゃんと損失を確定申告していれば、もし翌年の取引で大きな利益が上がった場合、去年の損失と通算することで税金を減らすことができます。

損失が出た場合の確定申告にデメリットはないので、面倒でなければキチンとやっておきましょう。

 

ただ注意点がひとつ。

損失は最長で3年間繰り越すことができますが、繰越す場合は毎年確定申告が必要になります。

ある年に損失が出て確定申告して繰り越した場合、翌年にまったくFX取引をしなかったので確定申告もしなかった、なんてことになったらそのまた翌年に損失を繰り越すことはできません。

逆に言えば、まったくFX取引をしていなくても、確定申告さえすれば3年間損失は繰り越すことが出るということです。

 

「FXで損失がでてるけど、確定申告する必要がある人は?」という質問の答えは「確定申告する必要はナシ!ただし確定申告したほうがメリットがある」ということになりますね。

FXで利益が出てるのに確定申告しなくていい人とは?

FXで利益が出ているのに、その税金20.315%を支払う必要のない人がいます。

それは「年収2000万円以下の給与所得者で、年間のトータル利益が20万円以下」であること。あるいは「無職・専業主婦で、年間のトータル利益が38万円以下」の人です。

このどちらかに当てはまれば、確定申告する必要はありません。

例えばサラリーマンだった場合、年末に19万5千円の利益を上げていて、含み益が1万円ある円ドルのポジションを持っていたとします。これを年内に売却して利益を確定したとしたら、年間のトータル利益が20万5千円となってしまいます。20万円以上になるので、4万1645円の税金を支払う義務が発生します。これを翌年まで持ち越して売却したとしたら、19万5千円の利益はそのまま懐に入れることができます。

12月の末は、年間の利益や損失を踏まえたうえで「年内に利益を出しておくのか?」「損切りしておいたほうがいいのか?」などの税金を踏まえた作戦を元に取引を行いましょう!

年末にわざと損失を出したほうが、トータルで利益になるパターンもあるのです。

FXで必ず確定申告しなければいけない人は?

先ほどはFXで利益が発生しても、少額であれば確定申告しなくていいパターンもあると紹介しました。

ですが、どんなに少額でも(たとえ100円でも)利益が発生した場合に、必ず確定申告しなければならない人もいます。

自営業者

給与が年間2000万円を超える人

これらに当てはまる方は、どんなに少額でも原則として確定申告が必要になります。

もし年間の利益が100円だった場合、税金として20円取られるわけです。残りは80円。

悲しいですが、きちんと確定申告を行いましょう!

-FXの確定申告と税金
-

Copyright© FXシステムトレードライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.